あきろぐ

いろいろめもするよ

LPIC202/LinuC202合格への道④【ネットワーククライアント管理編】

f:id:akngo22:20180501180950j:plain



 

今回は、「ネットワーククライアント管理」についてです。

このチャプターは、LDAPがちょっとやっかいかなと思います。

ping-t解いた方は分かると思うのですが、LDAPのところだけ問題数異常ですよね?!

まじかよとか思いながら解きました。しんどいです、、

 でも、あのping-tの問題やっていればLDAPは心配することはないかと思います!

それ以外は、PAMとか重要かなと。

 

それでは、要点です。

 

・dhcpd.confの設定項目について

 他の設定ファイルと異なり、optionを先頭につけるところに気を付ける。

 そこまで数は多くないので全て書けるようにしておく。

 

・特定のマシンの設定方法について

 固定IPアドレスを振るマシンはMACアドレスで識別する。

 使用する設定項目は暗記する。

 

LDAPの階層構造の名称

 略称だけではなく、正式名称も覚えておく必要がある。

 

・LDIFファイル設定方法について

 外部ファイルの指定方法についても知っておくと良いかな。

(バイナリファイルの設定の仕方とかね)

 

・slappasswdコマンドのオプション

 あずき本にオプション詳細が書かれていないので調べておくと良いです。

 

・PAMのモジュールファイル、コントロールについて

 主要なモジュールファイルとコントロールは確実に覚えておくこと。

 コントロールのsufficient, required, requisiteの違いは良く調べておく。

 

 

今回は以上です!

お疲れ様でした~('ω')ノ