あきろぐ

いろいろめもするよ

Ansible試してみた。パート2 ~インストール・マシン要件~

f:id:akngo22:20190320225427p:plain

前回に引き続き、Ansibleについて。今回は、Ansibleの公式ドキュメントのインストール・マシン要件について軽く要点をまとめてみたい。

要約したものはこちらのページ。

docs.ansible.com

Ansibleの基本

  • Ansibleは通常SSHプロトコルを用いてマシンを管理している。
  • マシンにAnsibleインストールすれば、DBの追加や起動させるデーモンは必要ない。

  ⇒1つのマシンにAnsibleを入れるだけで全部のリモートマシンを管理可能

どのバージョンを選択すべきか

  • Ansibleはソースから簡単に起動することができるので、リモートマシンにソフトウェアをインストールする必要がない。
  • 多くのユーザーは開発バージョンを追って使っている。
  • Ansibleのリリースサイクルは短く、大体4か月くらい。
  • Red Hat Enterprise LinuxCentOSUbuntuを使っており、Ansibleの最新バージョンを動かしたいなら、OSパッケージマネージャを使うことを推奨。
  • その他は、Pythonのパッケージマネージャpipを使うとよい。

コントロールマシン要件

  • Ansible2.7の場合、Python2.7以上またはPython3.5以上がマシンにインストールされていれば、どのマシンでも起動する。
  • WindowsOSはコントロールマシンとしてサポート外なので使えない。

管理ノード要件

  • 管理ノードは通常SSHを使って通信する。
  • デフォルト設定では、SFTPを使用しているが、SFTPが使えない場合は、SCPに切り替えることが可能。
  • SFTP⇒SCPに切り替えるときは、ansible.cfgファイルを書き換える必要がある。
  • Python2.6以上またはPython3.5以上でなければならない。

Ansibleのインストール

  • FedoraOSの場合、以下のコマンドを実行する。

$ sudo dnf install ansible

 

  • RHELCentOSの場合、以下のコマンドを実行する。

$ sudo yum install ansible

 

  • Ansible Engine RepositoryからRHELRPMを入手することができる。
  • Ansible Engine Repositoryを有効にするには下記コマンドを実行する。

$ sudo subscription-manager repos --enable rhel-7-server-ansible-2.6-rpms

 

  • RPMを自分でビルドするには下記コマンドを実行する。

$ git clone https://github.com/ansible/ansible.git

$ cd ./ansible

$ make rpm

$ sudo rpm -Uvh ./rpm-build/ansible-*.noarch.rpm

 

今回はこんな感じで。